TOP > Q&A

株式会社ワークソリューション Q&A

よくある質問

手袋に関して

紫外線を99.9%遮蔽するとありますが、残った紫外線の影響はありませんか?この手袋は食品に対して安全ですか?

手袋を透過する紫外線量は自然界で測定される数値よりもはるかに低い値です。ヒト細胞に関する安全性について神戸大学にて試験を行っております。別途資料をご覧下さい。
この衛生管理はあくまでも装着した手袋を除菌するもので、作業者の素手に影響を与えるものではありません。
食品を扱う場合には、この種の手袋は食品衛生法で「器具」として定義されています。このような器具の規格基準は平成18 年3 月の「厚生省告示第201号」で規制されており、材質別に細かく試験法が定められています。
ソルパットの紫外線遮蔽手袋はこの試験を全てクリアしています、また紫外線遮蔽物質の二酸化チタンは食品添加物として認定されています。安心して食品に触れることが出来る手袋です。

同じ手袋で何回も除菌処理をした場合、手袋の性能は紫外線により落ちないのですか?

弊社で開発したポリエチレン手袋の紫外線遮蔽能力の元になっている物質は食品添加物にも認定されている二酸化チタンです。紫外線が透過しない原理は「レイリー散乱」と呼ばれるもので、これは紫外線波長の10分の1以下の粒径無機物がある場合、紫外線は散乱するという原理を応用したものです。必要十分な量の粒径無機物=二酸化チタンが昆連溶融されているので均一な遮蔽効果があります。
一般に紫外線は樹脂系製品に劣化影響を与えますが、この手袋は上記の説明のように紫外線を透過しませんので(99.9%)手袋の品質に影響を与えないものと言えます。

この手袋は工場出荷時に殺菌処理されているのですか?

現在一般的に使用されているポリエチレン・二トリル・ラテックス等の使い捨て手袋においては、工場出荷時に殺菌処理を行うということはありません。用途として食品以外にも様々あるので、特別の表示の無い限り製品の最終過程での殺菌処理が行われているというわけではないのです。
新品の手袋であっても菌は付着しています。また手袋着用時の盲点として、手洗いが不十分の為に手に付いてる菌をその手袋に付着させてしまうというケースが報告されています。このようなことを防止する意味で、新品の手袋を着用したときでも紫外線殺菌処理を行ってから作業に当たることをマニュアル化して下さい。

もし手袋に穴が開いていた場合、除菌処理をしても安全ですか?間違って素手に照射を行ってしまった場合安全ですか?

紫外線UV-Cの透過は皮膚の表皮層である0.2㎚(ナノメートルは1mmの100万分の1)の範囲であるとされています。角質層が厚い手のひらなどではさらに影響はなくなります。(光の特徴として波長が短いほど透過率が低いのです)。しかしながら、長期に使用することで、更なる安全性を考えて99.9%遮蔽効果のある手袋を開発しています。一過性の照射で人体に影響を与えることはありません。(二トリル・ラテックス手袋の場合はお使いの手袋の遮蔽率を測定します、国内メーカーの手袋は概ね99.9%の遮蔽効果があります)
また一目で穴と分かる場合は、そのような手袋を使用すること自体に衛生管理上の問題があります。即座に交換するべきものです。


装置に関して

除菌装置内に水が垂れても大丈夫ですか?

取扱いマニュアルに記されておりますように除菌処理は手袋の水分をふき取ってから行います。装置は防水設計ではありませんので上記のことをお守りください。水の浸入による故障は保障の対象外となります。

ランプが切れたまま除菌装置を使うと除菌できませんか?

ランプが切れた場合は、表示部のランプ切れ警告灯が点滅し、装置は停止状態となります。
定期交換の期間内に切れた場合は保証の範囲となります。

ランプ照射時間の設定は変えられませんか?

照射時間の設定は6秒~10秒に設定することが出きます、ご相談下さい。

ランプは自分で交換できないのでしょうか?

除菌機能の要である殺菌ランプを設定以外のランプに変更すると基本性能が満たされない恐れがあります。また、ランプの使用時間は性能に影響を及ぼします。以上の理由からソルパットのランプ交換はサイクルを一定の期間に定めております。この基準に満たないランプを使用された場合での装置の故障については保障の対象外となります。また、交換サイクル内でランプが切れた場合については、無償で交換を致します。

装置内のテフロンシートが裂けてしまいましたが、危険でしょうか?

テフロンシートはランプに触れることを防止する為、また万が一ランプが割れた場合の飛散防止のために取り付けられています。したがってテフロンシートが裂けた場合は、予備のテフロンシートカートリッジと交換をして下さい。またテフロンシートは紫外線を効率的に透過できる特殊なシートであり、一般のフイルムで代用できるものではありません。

テフロンシートが汚れましたどうしたらいいですか?

テフロンシートが汚れた場合は、テフロンカートリッジを取り外してからふき取り作業を行います。柔らかな布を使い水拭きをします。汚れがひどい時は薄めの中性洗剤を使い静かにふき取ってください。テフロンシートが汚れると除菌能力に影響が出る場合があります。


効果に関して

ノロウイルスに対して本当に効くんですか?

殺菌効果試験(不活性化試験)は除菌処理したものを「培養して」 即ち栄養を与えると活性化するのか、それとも不活性化のままなのかを調べます。ノロウイルスはこの培養という過程が出来ません、それはノロウイルスは人間の小腸でしか増殖をしないからです。したがって同系であるネコカリシウイルスを利用して不活性化の試験を行うことが一般的となっています。このネコカリシウイルスを用いて行った不活性化試験で効果が立証されています。

除菌機能付きエアタオルを持っていますが、同じ使い方は出来ませんか?

紫外線除菌は必要線量(紫外線照度×照射時間)の設計が最も大事な事であり、他の装置を使った場合は除菌の目的が全く達成されない可能性があり、かえって危険性が高いと言えます。